長生きの秘訣、または絶望の裏に夢があること

砂漠の生命

ある人にとっての絶望とは、ある人にとっての普通であり、また別のある人にとっては希望かもしれない。つまりある状況というのは、受け取る人の心理によって、最高にも最悪にも普通のことにも変わってしまう、ということ。

絶望したり、挫折したり、失敗するということは、マイナスなことのように取られがちだが、私はこんなんじゃダメなんだ、もっとやれるんだと、本人が認識している証拠であり、絶望の裏には夢や希望があるのだと思う。

成功を忘れて、現状に満足しないことが重要だとよく言われるが、それ以上に現状に絶望したほうが希望の数も増え、その質も遥かに上がっていくのではないだろうか?

息を止めると1分が長く感じるように、苦しい時間は永遠に続くように感じる。絶望の数が多いほど、体感的な時間は長くなり、しかも希望の数や質まで増えるのだから、ダブルでお得になる。

マラソンをしているとランナーズハイになると言われているが、思うように前に進まない苦しい期間を乗り超えたあとに、我を忘れ、時間をも忘れるランナーズハイがやってくる。苦しみを伴わないハイ状態というのは存在しない。法に触れ、高い金を払えば簡単にハイなれるかもしれないが、その高揚感は苦しみを伴っていないため、後から禁断症状という苦痛がやってくることになるのだろう。

まとめ

苦労は買ってでもしろ。そして絶望や挫折も買ってでもしろ。しかもそれは若ければ若いほうがいい。苦痛の多い人生は体感的に長くなり、人より長い時間生きることになる。そして、絶望の裏には夢や希望が待っている。

関連記事

  1. 虹 幸せとは何か? 2種類の幸福論について
  2. エベレスト 起業したけりゃ旅に出ろ! 冒険の先に成功はあること
  3. 夢 中立な意見なんて存在しない! この世はすべてフィクションだから
  4. 結婚 「結婚相手を顔よりも性格で選ぶべき理由」人生をより豊かにする選択…
  5. 宝くじ 宝くじに高額当選したらどうしますか?大金を掴んだ後の心構えについ…
  6. 本棚 読書は最高の趣味になる! すべてはひとつであること
  7. 父と子 父親が嫌いな息子へ、父を超えるということ
  8. 読書 人生を変える、おすすめの本10冊

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


従業員募集

長崎県五島市の福江島で、公共事業の測量業務や地籍調査業務を一緒に行える従業員を募集しています。五島市在住者、有資格者や経験者は優遇します。また、五島市ではIターン者への助成制度もありますので、ぜひご検討ください。よろしくお願いします。

PAGE TOP