働く目的は? お金とは何か? どう生きるべきか

チームワーク

働く目的

人は何のために働くのでしょう? お金のためでしょうか? それとも、食っていくため? はたまた、夢のためでしょうか?
はじめに断言しておきますが、お金のために働くことは間違っています。それでは動機が弱いです。いつか頭打ちになり、目標を見失うことは目に見えています。
お金のために働いてはいけない理由の1つ目、それは人は慣れる生き物だということ。何か買い物をした時のことを思い出してください。それがどれほど心待ちにしていものだったとしても、手に入れてすぐに人は慣れ、所有していることが当たり前になります。そして次に欲しい物は何かと探し始め、人の欲望が尽きることはないのです。

理由の2つ目、人は損得勘定をする生き物です。年収900万円までは年収と比例して幸福度は上がりますが、それを超えると仕事で抱える責任やストレス、労働時間が年収と釣り合っていないのではないかと思い始め、幸福度は上がらなくなります。家庭や健康、自由といったものと引き換えに私はお金をもらっていると考えるのです。

仕事がたくさんあるというのは社会から必要とされている証拠で、本当にありがたいことですが、せっかく稼いだお金を使う時間がなかったとしたら、何のために働いているのか疑問が湧いてくるのかもしれません。

そして、「食っていくために働く」、「家族を食わせるために働く」というような労働の目的をよく耳にしますが、それでは少し寂しく、物足りない気がします。なんでもそうですが、目標の設定は、少し背伸びするくらいでないと成長の速度が遅くなると思うのです。毎日飯が食えているということに感謝する、当たり前のことを特別に思うことは大切ですが、そのレベルにまで目標を下げてしまうと、仕事を通しての人間的な成長は見込めないと思います。

無償で働くということ

世の中にはボランティアという活動があります。お金をもらわず、社会慈善活動に参加することです。給料のいい仕事をすると、人はお金の為に頑張るのだと思いがちになりますが、ボランティアをした場合のモチベーションは一体どこから来るのでしょうか? ボランティアでなくとも、人に無償で奉仕した場合、その後に晴れ晴れとした気分になった経験は誰でもあるのではないでしょうか? まさしくあの感覚です。あの清々しい感情は、本人の中で都合の良い動機づけが行われた結果、生まれる感情なのです。「私は無償で世の中に対して尊い活動をした。お金をもらうことはできないけれど、あの活動にはお金に変えることのできない尊い価値があった」と、本人の中で動機づけが行われるのです。

仮にそう思わなかったとしたら、世の中の人間関係はもっと損得だけで動いているようなギクシャクした状態になるのではないでしょうか? 商売が成立せず、私はあの時これだけ損をしたと後悔ばかりする人生になりそうです。

かの有名なピーター・ドラッカーが、次世代最強の企業形態はボランティアのような非営利活動だと言っている意味はこういうことなのではないでしょうか?

お金は私を裏切らない?

しかし、そうは言っても生活していくためにはお金が必要です。年々日本の生活水準は上がり、あらゆる物の質も値段も上がり続けているため、生活に必要なお金も年々増えています。

現在の日本人の平均寿命は男性が81歳、女性が87歳で、世界でもトップクラスの水準です。しかも平均寿命はこれ以上に年々伸びていくことは容易に想像がつきますし、老後に一体いくら必要になるのか皆目検討がつきません。

日本人が得意なのは長生きと貯金ですので、みなさん何歳になっても生活に困ることはないでしょうが、これまで通りの価値観でお金を貯蓄していくのは少し難しい時代になっているのかもしれません。

「お金は私を裏切らない」これもよく耳にするフレーズです。ここでいう「お金」というのが、日本円だったとしたら、間違いなくお金はあなたを裏切ります。

昔学校で習ったフレーズに、インフレ、デフレという言葉がありませんでしたか? インフレとは物価が上がること、つまりお金の価値が下がることです。ハイパーインフレが起こっている諸外国で僅かな生活物資を買うのに札束を何十個も積んで買い物をしている光景を目にしたことはないでしょうか? まさにあの光景、あの状態が「お金が人を裏切っている」シーンです。
そうならないために必要なのが資産運用なのですが、これを話し出すときりがないので割愛させてください。いや、その前に最善の資産運用法を私は知りません笑

まとめ

長々と書きましたが、私が言いたいのはつまりこういうことです。
お金のために働いたとしたらいつか目標を見失ってしまう。
食うために働くのは目標が低く、成長が見込めない。
貯金をすると急な出費も家計に響かず、生活が安定し、余裕が生まれる。
しかし、必要以上に貯金するということは保険に保険をかけているようなもの。
そして、お金をいくら貯金したとしても、世の中の変化でお金の価値は無くなるかもしれない。

人生はリスクに満ちています。人生にあるリスク全てに保険をかけることはできません。あえて積極的にリスクを取り、楽しむしかないと思うのです。例えば海外旅行に危険はつきものです。しかし、その危険を注意しながら、楽しみながら旅を終えると、あなたはお金に変えることのできない貴重な体験を得ることができます。そうやって長いようで短い人生を歩んでいくべきだと思うのです。

関連記事

  1. 募金 募金は意味ないけど、復興支援は意味あることについて
  2. 変わり者 今の流行りを追う人は損している! 逆張り人生論
  3. 読書 読書の意味とは? 本を読む前に自分を知ること
  4. 夢 中立な意見なんて存在しない! この世はすべてフィクションだから
  5. エベレスト 起業したけりゃ旅に出ろ! 冒険の先に成功はあること
  6. 死を想え 「死を思え」は間違っている! 生を思うということ(メメント・ヴィ…
  7. 匂い 「父親が臭い理由」それは強い遺伝子を残すために重要なこと
  8. 夢を叶える 習慣を変えれば人生が変わる!夢を叶える「1%の法則」

コメント

    • ヒロポン
    • 2018年 11月 06日

    リスクに保険はかけられない。胸に響きました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


従業員募集

長崎県五島市の福江島で、公共事業の測量業務や地籍調査業務を一緒に行える従業員を募集しています。五島市在住者、有資格者や経験者は優遇します。また、五島市ではIターン者への助成制度もありますので、ぜひご検討ください。よろしくお願いします。

PAGE TOP